訪問リハビリについて
 

Home » みずほ内科クリニック » 訪問リハビリについて

瑞穂診療所 訪問リハビリについて

理学療法士の国家資格を有するリハビリ専門スタッフがご自宅へ訪問し、その場でリハビリの支援を行うサービスで す。

通院や通所リハビリテーションの利用が困難であっても、ご自宅で気兼ねなく、ご自分のペースでリハビリを受ける ことができます。

訪問リハビリテーションの目的 

現在の身体機能を最大限生かし、可能な限り日常生活動作を自立させていくことを目的としております。

サービス内容について

機能訓練

要介護認定1以上の認定を受けた方が対象になり、身体機能・生活機能の維持・向上を目的とした機能訓練です。
身体機能は、歩行訓練や筋肉をつける訓練、関節可動域訓練などを行っていきます。
生活機能は、日常生活において生活機能の維持・向上を図っていきます。

座位保持訓練

骨折や脳梗塞などで寝たきりの状態から座るための訓練です。
日常的に行われる動作で、起き上がったときや食事、着替えなどあり、またはベットから車椅子への移動するために座るなど生活機能の向上・維持を図っていきます。

起立動作訓練

骨折や脳梗塞などでなたきりの状態からベットに座り、立つための訓練です。
ベットから食卓へ移動するときや車椅子への移動などが日常的な動作です。
生活機能の向上・維持を図っていきます。

関節可動域訓練

骨折や脳梗塞などで寝たきりになると、関節を動かす幅が狭くなってしまいます。
関節可動域が狭くなると、動かすときに痛みを伴ったりするため、ストレッチを行って関節を柔らかくしていきます。

歩行訓練

歩行訓練を始める前に立った状態でバランスをとれるようにし、バランスができるようになったら、平行棒を使った歩行訓練をし、次に歩行器や松葉杖などの補助具を使った歩行訓練を行っていきます。
安全に平行な場所を歩けるようになったら階段や段差を超える訓練へと移っていきます。

筋力訓練

骨折や脳梗塞などで寝たきりになると、筋力が低下しています。
筋力を取り戻し、日常生活を取り戻していきます。

慢性的閉塞性肺疾患を対象にしたリハビリです。運動や呼吸筋を鍛えることで、息切れの緩和を促し、日常生活の向上と生活の質を高めるための訓練です。

日常生活活動訓練

日常生活では、食事・着替え・トイレ・お風呂などの作業が中心となります。障害によって、自分ではできなくなることに対し、生活環境や障害に合わせた方法を見つけて、獲得するお手伝いをしていきます。

介助法指導

介助は患者さんまたはご家族を、姿勢や目的の場所まで相手の動きを適切にリードしていくことが大切になります。
ベットからの立ち上がりや、歩行の介助などがそうですが、コミュニケーションが大切になります。

福祉用具の選択

歩行補助杖や車椅子などの貸与するものや入浴や排泄に必要なものは購入していただくようになります。
利用者様の現在の状況を考慮し、利用者様やご家族からの意見をお聞きし、いろいろな選択肢の中より慎重に福祉用具を選んでいきます。

利用法の指導他

福祉用具を貸与または購入していただいた場合に、使用方法をご指導させて頂きます。


みずほ内科クリニック
みずほ内科クリニック診療時間
診療案内を見る
山口県下松市瑞穂町2丁目19-14
アクセス案内を見る
Copyright2021 © あべメディカルケアグループ All Rights Reserved.